観経疏楷定記先聞録  かんぎょうしょかいじょうきせんもんろく

指定・種別  市指定・典籍

員数      40冊

法量      縦26cm 横18cm

材質      紙本墨書 四つ目綴じ

時代      文化元年(1804)

所蔵      吉良町吉田 西福寺

善導大師の『観無量寿経疏』4巻を顕意道教(1239-1304)が解説した『楷定記』36巻を注釈した書。著者の大光演冏(だいこうえんけい)は宮崎村の出身で、西福寺18世、中島村崇福寺26世を経て大本山円福寺の51世となり、天明の大火によって焼失した伽藍の再興を成し遂げた。晩年は吉良に戻り、岡山村の堯雲寺で隠居生活を送った。