百人一首手艦  ひゃくにんいっしゅてかがみ

指定・種別  市指定・書跡

員数      50枚

法量      縦30.4cm 横1281cm

材質      紙本墨書 折本 

時代      江戸時代前期

所蔵      吉良町岡山 華蔵寺

台紙50枚の表裏に貼られた色紙に一首づつを記し、筆者名を書いた付箋を貼る。摂家の九条兼晴をはじめ35人の公卿が2首あるいは3首づつを記している。筆者の一人で吉良家と姻戚関係にある大炊御門(おおいのみかど)経孝から吉良家に渡り、貞享3年(1686)に華蔵寺に寄進されたもの。