白隠禅師筆「帝網窟」墨蹟及び木額「帝網窟」  はくいんぜんじひつ「ていもうくつ」ぼくせき および もくがく「ていもうくつ」

 

 

指定・種別   市指定・書跡

員数      墨蹟1幅 木額1面

法量      墨蹟:縦57.5cm 横145.4cm

        木額:縦76cm 横160cm

材質      墨蹟:紙本墨書 軸装

        木額:木製 漆塗

時代      江戸時代  明和3年(1766)

所蔵      吉良町岡山 華蔵寺

 臨済宗中興の祖である白隠慧鶴(1685~1768)82歳の時の墨蹟と、それをもとに作られたとされる木額。落款に「沙羅樹下(白隠の号)八十二歳」とある。「帝網窟」とは帝釈天が悟りを開いたインドにある洞窟。華蔵寺9世澧川は駿河国松蔭寺の白隠に師事した。この時、書かれたものと伝わる。

 木額については昭和54年4月6日付で旧吉良町で文化財指定を受けていた。平成30年6月15日付けで、墨蹟が追加指定され名称変更された。