木造薬師如来坐像 もくぞうやくしにょらいざぞう

  

指定・種別  市指定・彫刻

員数      1躯

法量      像高91.5cm

材質      木造(一木割矧造) 素地 彫眼

時代      平安時代(12世紀)

所蔵      吉良町乙川 正法寺

 薬師堂厨子内に阿弥陀如来坐像と並んで安置される秘仏。全身に浅いノミ目を残す鉈彫像。像の大きさや、頭部左寄りに木心を残し、体背面を割放して体部のみ内刳りを行う構造、肉髻珠・白毫を表さず、耳朶不環などの点が阿弥陀如来像に倣っている。左手首から先と右肩以下は後補。寺伝では、正法寺はもと真言宗の鳳来寺末で、行基自作の薬師如来像二体のうち一体を鳳来寺へ、もう一体を正法寺へ安置し、さらに行基自作の阿弥陀如来と十一面観音を安置したと伝わる。