木造阿弥陀如来坐像  もくぞうあみだにょらいざぞう

 

指定・種別  市指定・彫刻

員数      1躯

法量      像高93.9cm

材質      木造(一木割矧造) 彩色 彫眼

時代      平安時代(11世紀)

所蔵      吉良町乙川  正法寺

  薬師堂の厨子内に薬師如来坐像と並んで安置される秘仏。頭部左寄りに木心を込める広葉樹竪一材から頭体を彫出し、脚部材と両前膊(ともに後補)を寄せる。体背面を割り放して体部は内刳りを行うが、頭部はムクのまま。肉身は白、着衣は朱の彩色を施し、目と口ひげに墨書きが残る。形式化した平板な翻波式衣文や面長な顔、長く伸びた眉、小ぶりな鼻と口などに、永承2年(1047)銘の京都府加茂町西明寺薬師如来像との類似が指摘されている。