金鼓 きんく

 

指定・種別  市指定・工芸品

員数      1面

法量      直径43cm 厚さ9.5cm

材質      金属製

時代      室町時代  文明16年(1484)

所蔵      吉良町乙川  正法寺

金鼓は堂の前につるして鳴らす梵音具で、鰐口とも呼ぶ。「三河国幡豆郡饗庭郷正法寺常住金鼓 旹文明十六年(1484)甲辰十二月吉日 願主道観道仙五郎右衛門敬白」の銘文がある。五郎右衛門は小山田波城の城主松井氏といわれる。