吉良義安の木像 きらよしやすのもくぞう

 

指定・種別  市指定・彫刻

員数      1躯

法量      像高44.0cm

材質      木造(寄木造) 玉眼 彩色

時代      江戸時代

所蔵      吉良町岡山 華蔵寺

吉良義安(1536?~1569)は西条城主吉良義堯の次男で、東条城主吉良持広の養子となるが、兄義郷の戦死によって西条城に戻り、弟義昭を東条城へ置いた。さらに東条城の持広も戦死したため、東条城と西条城を相続し、西条城に義昭を城代とした。のち織田氏と結んで今川氏と対立し、駿河国藪田郷(藤枝市)に幽閉され、そのまま客死した(『養寿寺過去帳』)とも、三河へ戻り、家康に仕えて東西吉良城を兼帯したともいわれる。立烏帽子をかぶった狩衣姿の坐像で、右手に檜扇を執り、左手は刀の脇で袖中に入れ、左脇に刀を差す。