とうてい山古墳  とうていやまこふん

指定・種別   市指定・史跡

員数      1基

形状      全長8m 円墳 

時代      古墳時代後期 

所在      東幡豆町山崎

とうてい山古墳は、三ヶ根山系から南に延びた舌状丘陵先端部に位置し、眼下に三河湾を一望できる。発掘調査は昭和42年に行われた。円墳、横穴式石室で単室・両袖型。奥壁に幅2.4m以上、高さ2m以上の巨石を用い、最大幅2.72m、最大高2.82mを測る。石室内の右側壁寄りには佐久島産凝灰質砂岩を用いた組合せ式箱形石棺が置かれている。出土遺物は須恵器・玉類・武具・馬具など多数。6世紀後半の築造とみられる。