椰子実水飲・金紫銅之水容  付 三葉葵の紋付袋並に箱 
やしのみみずのみ・きんしどうのみずいれ つけたり みつばあおいのもんつきふくろならびにはこ

 

指定・種別  市指定・工芸

員数     各1点

法量     水飲:直径13cm 高5cm 重100g 水容:縦6.5cm 横5cm   

所蔵     西幡豆町講伏 安泰寺  西尾市岩瀬文庫寄託

安泰寺は徳川家康に仕えた幡豆小笠原氏の菩提寺で、これら二品は徳川家康からの拝領品と伝えられる。水飲は半割した椰子の実の内側に朱漆を塗ったもの。金銅製の水容(硯に使う水を入れるための容器)は、木瓜形の胴に団花文を象嵌し、小ぶりな注口と取っ手(亡失)を付け、付け根に菊花文の飾りを鋳出している。三葉葵紋付の袋と箱に入り、蓋の裏には正徳2年(1712)の領主旗本松平為政による由来の朱書きがある。