木像七面大明神(大天女)  もくぞうしちめんだいみょうじん(だいてんにょ)

指定・種別  市指定・彫刻

員数      1躯

法量      像高31cm

材質      木造 彩色

時代      江戸時代 元禄11年(1698)

所蔵      吉良町富好新田  真正寺

吉良義央の夫人富子が眼病を患った際、身延山久遠寺七面堂に参詣したところ全快した。義央はこれに感謝して新田を築き、富子に因んで富好新田と名付け、大天女を氏神として祀ったといわれる。厨子には身延山三十一世日脱による「従四位上左近衛権少将吉良氏上野介源義央朝臣守護本尊也 元禄十一戊寅歳九月九日」との墨書がある。明治初年に真正寺に安置された。