広目天立像   こうもくてんりゅうぞう

指定・種別  市指定・彫刻

員数      1躯

法量      像高55cm

材質      木造  彫眼

時代      室町時代

所蔵      吉良町寺嶋  大通院

寺伝では寺嶋の北部にあった大寺のものとされ、後に大通院に移されたという。地元では毘沙門天として信仰されている。昭和37年の旧吉良町の文化財指定の際に「広目天」としたが、現在の手は後補のため、本来の尊名は不明である。