薬師如来坐像 やくしにょらいざぞう

 

(写真は準備中です)

 

指定・種別  市指定・彫刻

員数      1躯

法量      像高87cm

材質      木造(寄木造) 彫眼 素地(現状)

時代      平安時代末期か

所蔵      吉良町駮馬 長福寺  西尾市岩瀬文庫寄託

頭部は平安時代末期の作とみられるが、首から下は江戸時代の修理による後補材に代わっている。長福寺は東条城城下にあった寺で、大原崇孚の開山と伝えるが、詳しい由緒は不明である。伊勢湾台風によって諸堂をを失い、実相寺の兼務寺となっている。