鎧ケ淵を中心とする岡山瀬戸古絵図 よろいがふちをちゅうしんとするおかやませとこえず

 

 指定・種別  市指定・絵画

員数      1点

法量      縦120cm 横90cm

材質      紙本着色

時代      江戸時代

所蔵      吉良町岡山地区

江戸時代、岡山と瀬戸の間の谷に存在した鎧ヶ淵を描いた絵図。淵の西には「吉良上野介様御屋敷(吉良家岡山陣屋に相当)」「吉良上野介殿領岡山」との表記があり、元禄16年(1703)の吉良家滅亡以前の状況を描写したものとみられる。
正徳元年(1711)に池の南側約3分の1が開発されて尾崎新田村が成立し、明治以降に排水路が整備されたことにより、池全体が水田化され、鎧ヶ淵は姿を消した。本図は、江戸時代後期の写しと推定され、記載内容がほぼ共通する別の絵図一枚が現存する。