三十六歌仙絵巻  さんじゅうろっかせんえまき

指定・種別  市指定・絵画

員数      1巻

法量      縦26cm 横約450cm

材質      紙本墨書・着色

時代      江戸時代

所蔵      吉良町岡山  花岳寺

吉良義央の寄進と伝えられ、三十六歌仙が鮮やかな色彩で描かれている。筆者は土佐派の絵師と推定される。もとは巻子装であったが、現在は13枚に分かれている。