正法寺薬師堂拝殿  しょうぼうじやくしどうはいでん

指定・種別  市指定・建造物

員数      1棟

法量      3間×3間

材質      木造 寄棟造 瓦葺

時代      江戸時代 宝永3年(1706年)

所蔵      吉良町乙川  正法寺

拝殿は現存する棟札の記載によると宝永3年(1706)年の建築と古く、規模は大きくないが各部の彫刻や絵様彫物は上質である。本殿と拝殿を幣殿でつなぐ建築様式は、通常神社で用いられる権現造の形式で、寺院で用いられるのは珍しい。