雲版  うんばん

指定・種別  県指定・工芸

員数      1面

法量      縦49cm 横46cm

材質      鋳銅製

時代      南北朝時代 暦応2年(1339)

所蔵      吉良町荻原 海蔵寺

銘文に「勧進僧宗重 尾張国春日郡平田寺 暦応二年二月日」と刻まれている。暦応2年(1339)の紀年銘は雲版では県内最古である。全体に入念に作られており、装飾の少ないすっきりとした姿は古い特徴をとどめている。雲版とは主に禅寺で座禅、食事、法要等の合図のために打ち鳴らされたものである。