木造阿弥陀如来及び両脇侍像  もくぞうあみだにょらいおよびりょうわきじぞう

指定・種別  県指定・彫刻

員数      3躯

法量      像高:阿弥陀80cm 観音79.4cm 勢至80.4cm

材質      木造(寄木造) 玉眼

時代      鎌倉時代 

所蔵      吉良町饗庭  金蓮寺

国宝の弥陀堂本尊で、来迎印(らいごういん)を結ぶ阿弥陀如来の向かって右手に観音菩薩(かんのんぼさつ)、左手に勢至菩薩(せいしぼさつ)を配する。平成19・20年度に行われた修理で、台座や観音菩薩の両腕などの欠損部分が新たに補われ、後世の塗り直しによる塗膜が除去されたため、瑞々しい表情がよみがえった。

 阿弥陀如来