伝池大雅作品群  でんいけのたいがさくひんぐん

指定・種別  県指定・絵画

員数      40面

時代      江戸時代 

所蔵      吉良町岡山  華蔵寺

華蔵寺本堂の襖絵40面は南画の大家、池大雅の作品と伝えられている。9世澧川(れいせん)は駿河国松陰寺の白隠(はくいん)に師事し、大雅とは兄弟弟子の間柄であった。本襖絵は大雅が澧川を訪ね、本寺に滞在した折に描かれたといわれる。
風景画が1点のほかは、いずれも花鳥画である。現在は収蔵庫に収められているが、正月には本堂で公開される。