幡頭神社境内社神明社本殿 はずじんじゃけいだいしゃしんめいしゃほんでん

指定・種別  県指定・建造物

員数      1棟

時代      桃山時代 天正8年(1580年)

所蔵      吉良町宮崎 幡頭神社

幡頭神社の境内社として本殿(国の重要文化財)の東に位置し、三間社出店造(さんげんしゃでみせづくり)、桧皮葺。境内社熊野社本殿とともに、幡頭神社本殿と同時期の天正8年(1580)に築かれたものとみられる。