木造阿弥陀如来坐像   もくぞうあみだにょらいざぞう  

 

指定・種別  国指定・彫刻

員数      1躯

法量      像高135㎝

材質      木造 玉眼 漆箔

時代      鎌倉時代

所蔵      吉良町吉田  専長寺

鎌倉幕府3代将軍源実朝の菩提を弔うために夫人の本覚尼(ほんがくに)が京都に建立した遍照心院大通寺の本尊であった。寛喜3年(1231)に落慶供養会が行われた(『名月記』)。明治初年の廃仏毀釈で編照心院が維持困難になったため、浄土宗西山深草派の本山誓願寺に移され、明治17年に同派の専長寺に本尊として安置された。肩や膝の張りが力強く、衣文の深く写実的な表現など鎌倉時代の仏像の特徴を備えている。