八王子貝塚出土品 はちおうじかいづかしゅつどひん

八王子貝塚出土品写真

指定・種別 県指定・考古資料

員 数

586点
時 代 縄文時代後期

所 蔵

西尾市資料館
 
西三河地方を代表する貝塚である八王子貝塚から出土した土器は、縄文時代後期の尾張・三河・遠江の標識土器として、「八王子式土器」と名付けられている。従来、関東地方の影響が指摘されてきたが、近年は西日本文化の影響も受けていることが判明し、八王子貝塚が東西文化の接点に位置することが明らかとなり、その重要性が再認識されている。また、出土品には当時の伊勢湾・三河湾沿岸の生活文化を如実に示すものが多く、なかでも土偶の出土例の多さは注目され、矢作川上流域との文化交流も強いことがわかる。


西尾市の文化財一覧へ