地方税共通納税システムとは

eLTAX(エルタックス)を利用して、すべての地方公共団体(都道府県、市町村)へ、自宅や職場のパソコンから電子納税が可能となる仕組みです。
インターネットバンキングまたはダイレクト納付といった納付方法により、地方公共団体や金融機関の窓口に出向くことなく個人住民税(特別徴収分)などを複数の地方公共団体に対して、一括で電子的に納税することができます。
※eLTAXは、すべての地方公共団体で組織する「地方税共同機構」が運営する地方税ポータルシステムの呼称で、地方税における手続きを、インターネットを利用して電子的に行うシステムです。

地方税共通納税システムで納税できる税金の種類

  • 個人住民税(特別徴収分・退職所得分)
  • 法人市民税

納税の方法

インターネットバンキングによる納税

 ①地方税共同機構が提供する無料のeLTAX対応ソフトウェア(PCdesk)から、金融機関のインターネットバンキングにログインして納税する方法と、②金融機関のホームページへアクセスし、インターネットバンキング用のホームページへログインして「料金払込」などのメニューから納税する方法です。②の操作方法の詳細については、ご利用の金融機関へお問い合わせください。
なお、②の方法で納税する場合には「収納機関番号」「納付番号」「確認番号」「納付区分」などの情報を入力する必要があります。

ATMでの納税

金融機関に設置されているペイジー(Pay-easy)マークの付いたATMで、「税金・料金払込み」などのメニューから「収納機関番号」「納付番号」「確認番号」「納付区分」などの情報を入力し、納税する方法です。

ダイレクト方式による納税

 PCdeskで利用者が事前に登録した金融機関口座から、支払い金額を引き落とし、納税する方法です。

領収証書について

地方税共通納税システムで納税した場合、領収証書は発行されません。領収証書が必要な場合は、納付書により金融機関窓口等での納付をお願いします。

問い合わせ窓口

利用方法、利用可能な金融機関など、詳しくはeLTAXホームページ(外部サイトへリンク)をご覧いただくか、地方税共同機構のeLTAXヘルプデスクにお問い合わせください。

  • eLTAXヘルプデスク 電話番号0570-081459
    ※受付時間は午前9時から午後5時(土日祝日、年末年始を除く)