農地中間管理事業とは

 地域内の分散し複雑に入り組んだ農地の利用を整理するため、愛知県から指定を受けた農地中間管理機構(愛知県農業振興基金)が農地を借り受け、まとまりのある形で農地を利用できるように配慮して担い手に貸し付ける事業です。

対象となる農地は

農業振興地域内の農地が対象となります。ただし、再生不能と判定されている遊休農地など、農用地等として利用困難な場合や貸し付ける可能性が著しく低い場合は借り受けしません。

農地を貸し出すには

 農地中間管理機構に農地を貸し出すには、「農用地貸出希望申込書」にご記入のうえ、JA西三河各支店や市役所にご提出ください。

農地を借り受けるには

 農地中間管理機構から農地を借り受けるには、農地中間管理機構が募集する受け手の公募に応募していただくことが必要です。公募は年3回実施されています。

 ※具体的な手続きの詳細につきましては、農地中間管理機構(愛知県農業振興基金)のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

農地の課税軽減措置等について

農地中間管理機構に農地を貸し付けると固定資産税が軽減されることがあります。

農林水産省作成チラシ [1266KB pdfファイル] 

※詳しくは、農林水産省のホームページ農地中間管理機構とは(外部サイトへリンク)固定資産税の課税強化・軽減(外部サイトへリンク)をご確認ください。