利用権設定事業とは

農地を貸したいという農家と農業経営規模の拡大を図りたいという認定農業者等との間に、安心して農地の貸し借りができる事業です。

本来、農地の貸し借りをする場合には、農地法の許可が必要ですが、利用権設定事業で貸し借りをする場合は農地法の許可が不要になりますので、簡単な申し込みで農地の貸し借りができます。

なお、西三河農業協同組合が農地を貸したい農家から農地を借り受けて、認定農業者等に貸し付け(転貸等)することができる農地利用集積円滑化団体になっています。  

特徴

貸し手(地主)のメリット

借り手のメリット

  • 貸し付け期間が終了すれば、自動的に地主に返還されます。
  • 小作権がつかず、返還の際に離作料を支払う必要がありません。
  • 不在地主でも貸すことができます。
  • 農業経営規模の拡大、一体化が図られます。
  • 賃借期間中は安心して耕作ができます。
  • 利用権の再設定により、期間満了後も手続きをしていただければ継続して借りることができます。

手続きについて

  • 田を貸したい場合はお近くの農協で申し込み手続きを行ってください。ただし、個人と個人の契約によるものは市役所で申し込み手続きを行います。
  • 畑を貸したい場合は市役所で申し込み手続きを行ってください。
  • 申し込みは随時受け付けています。(毎月末を締め日とし、翌々月の1日が始期となります。)
  • 借り手が西尾市以外に住所を有する方の場合は、申込書に農家台帳を添付してください。ただし、西尾市で認定農業者になっている方は添付の必要はありません。

   ※市役所での申し込みの場合の申込書 [22KB pdfファイル]

   なお、農協での申し込みの場合の申込書はお近くの農協各支店に備えてあります。

注意してください

  • 贈与税の納税猶予の特例適用を受けている農地は、貸し付けることができません。また、貸し付けている農地は、贈与税の納税猶予の適用を受けることができません。
  • 市街化区域内の農地はこの事業の対象になりません。
  • 借り手になるには、農業経営面積等の要件がありますので、事前にお問合せください。