資源物の分け方出し方の変更点

平成31年4月1日から、地区ごとに異なっている資源物の分け方出し方を一部変更します。

 資源物の分け方出し方変更点(平成31年度から) [262KB pdfファイル] 

 

空き缶(アルミ・スチールの分別)

回収後の磁選機分別に統一します。

【変更前】

西尾 一色 吉良 幡豆
分けない 分ける

 

 

 

【変更後】

「分けない」に統一

空きびん(細かい分別)

 ■一色・吉良・幡豆地区で行っていた生きびん、雑びんの分別を無くします。

【変更前】

西尾

一色

吉良

幡豆

茶色

茶色以外

生きびん(一升瓶、ビール瓶)
 

雑びん(茶色、透明、その他)

【変更後】 ↧

「茶色」「透明」「その他」

 3種類の色分けに統一

 

乾電池、蛍光管の出せる場所 

 一色地区のみ行っていた資源の日での回収を無くします。資源ステーションに回収箱はありません。

 拠点回収…スーパー、電器店、公共施設に設置された回収箱に出す。

【変更前】

西尾 一色 吉良 幡豆
拠点回収

拠点回収

資源の日

拠点回収

【変更後】

「拠点回収」に統一

 

電池の出し方

ボタン電池、充電式電池(モバイルバッテリー等)も、乾電池の回収箱で回収します。

 

資源回収コンテナ

地区ごとに異なっていたコンテナの色を統一します。

  • 空き缶…青色
  • 空きびん…オレンジ色
  • スプレー缶…黄色
  • 小型家電…緑色
  • なべかま…灰色
  • その他金属(※)…青色
  • 埋立ごみ(※)…青色

(※)…一色、吉良、幡豆地区のみ