平成31年4月から国民年金第1号被保険者の産前産後期間の年金保険料免除制度が始まります。出産した方または予定の方は、届け出いただくことで産前産後期間の年金保険料が免除されます。免除された期間は保険料納付済とされるため、保険料を納付した方も免除・猶予中の方も届け出したほうが有利になります。

対象となる方  

国民年金第1号被保険者で出産日が平成31年2月1日以降の方

※出産とは妊娠85日(4か月)以上の分娩(死産、流産、早産を含みます)をいいます。

免除される期間

出産(予定日)の属する月の前月から4か月間

※多胎妊娠の場合は、出産(予定)日の属する月の3か月前から6か月間

届け出できる期間

出産予定日の6か月前からできます。

※受付は平成31年4月1日からです。 

届け出に必要なもの

母子健康手帳、年金手帳、印鑑