給与支払報告書の提出は1月31日まで

 給与支払報告書は、市県民税を算出する基礎資料となりますので該当する事業主は提出してください。

 令和元年(平成31年)中に退職した方も提出が必要となります。

給与支払報告書(個人別明細書)の作成対象者

 市県民税賦課期日(令和2年1月1日)現在、西尾市内在住の方で、令和元年(平成31年)中(平成31年1月1日から令和元年12月31日までの間)に給与の支払いを受けたすべての方

提出方法

 令和2年1月31日(金曜日)までに、総括表と個人別明細書を合わせて、直接または郵送で西尾市役所税務課市民税担当(〒445-8501住所不要)まで提出してください。

市県民税の特別徴収について

 市県民税の特別徴収は「給与支払者が、所得税の源泉徴収と同様に市県民税の納税義務者である給与所得者に代わって、毎月従業員に支払う給与から市県民税を徴収し、納入する」制度です。令和元年度(平成31年度)から、西三河8市町では、原則としてすべての事業所に、特別徴収義務者の指定を実施しています。事業主の方は、ご理解とご協力をお願いします。

 市県民税の特別徴収につきましては下記リンク先をご参照ください。

 市県民税の特別徴収

電子データによる給与支払報告書の提出について

 給与支払報告書につきましては、電子データ(エルタックス(地方税ポータルシステム)または光ディスク)で提出していただくことができます。

 エルタックスの利用については、事前に準備が必要となりますので、詳しくはエルタックスホームページ(https://www.eltax.lta.go.jp/(外部リンク))をご覧ください。

※令和3年度(令和2年分)給与支払報告書の提出から、基準年(令和3年度提出分は令和元年)に税務署へ提出すべき源泉徴収票の枚数が100枚以上(現行は1,000枚以上)である給与支払者について、電子データまたは光ディスク等による給与支払報告書の提出が義務付けられます。