ながらスマホ等に対する罰則が強化されました

改正道路交通法が令和元年12月1日に施行され、運転中のスマホ等の使用に対する罰則が強化されました。

平成30年には、市内でながらスマホが原因による交通死亡事故も発生しております。

運転中のながらスマホ等は重大な交通事故につながります。絶対にやめましょう。 

違反対象

 自動車または原動機付自転車を運転中(停車中は除く)に以下の行為をした場合が対象になります。

  • 携帯電話などを手で保持して通話のために使用すること
  • 画像が表示される装置(スマートフォン等)に表示された画像を注視すること

 詳細については警察庁Webサイトをご確認ください。

https://www.npa.go.jp/laws/kaisei/houritsu.html (道路交通法の一部を改正する法律(令和元年法律第20号))

罰則強化の内容について

反則金および点数が大幅に引き上げられます。

違反行為のみであっても懲役刑を科せられることがあります。

 (普通車) 改正前 改正後

違反行為を

した場合

罰則  罰金5万円以下

 

 

 

反則金 6千円

 

点数  1点

罰則  懲役6か月以下

    又は

    罰金10万円以下

 

反則金 1万8千円

 

点数  3点

違反行為が

原因で事故を

起こした場合

罰則  懲役3か月以下

    又は

    罰金5万円以下

 

反則金 9千円

 

点数  2点

罰則  懲役1年以下

    又は

    罰金30万円以下

 

反則金 適用なし(※)

 

点数  6点(免停)

 (※)反則金制度(青切符)ではなく、刑事処分(赤切符)が適用されます。