次のような場合、市役所に届出が必要です。

 届出が必要なとき

必要なもの

内容

20歳になったとき

  • 国民年金被保険者資格取得届(20歳の誕生月に日本年金機構から送付されます)
  • 印鑑

第1号被保険者の資格を取得する届出です。

会社などに就職したとき(第2号被保険者になったとき)

  • 年金手帳
  • 勤務先の健康保険証

第1号被保険者の資格を喪失する届出です。

会社などを退職したとき

  • 年金手帳
  • 退職日が確認できる書類(健康保険資格喪失連絡票、雇用保険被保険者離職票など)
第1号被保険者の資格を取得する届出です。
配偶者の扶養(第3号被保険者)でなくなったとき
  • 年金手帳
  • 配偶者の扶養でなくなったことが確認できる書類(健康保険資格喪失連絡票など)

※失業給付の受給による場合は、「雇用保険受給資格者証」

第1号被保険者の資格を取得する届出です。

任意加入するとき(60歳から65歳の方)

年金手帳、預貯金通帳、通帳届出印、印鑑

年金額を満額に近づけたい方や、年金の受給資格が不足している方が対象です。

海外から転入したとき(日本人の方)

年金手帳、パスポート  第1号被保険者の資格を取得する届出です。

海外に転出するとき(日本人の方)

年金手帳、預貯金通帳、通帳届出印、海外転出に伴う任意加入者申出書、印鑑 任意加入を希望する方は届出が必要です。

※場合によっては、表に記載した以外にも書類などが必要になることがあります。電話などでご確認ください。