第1号被保険者の方が、経済的な理由などにより、国民年金保険料を納めることが困難なとき、納付を「免除」または「猶予」される制度があります。

法定免除

本人が次のいずれかに該当する場合は、届出により国民年金保険料の納付が全額免除されます。

  1. 国民年金または厚生年金、共済年金の障害年金1級または2級を受けている方
  2. 生活保護法による「生活扶助」を受けている方
  3. 厚生労働大臣が指定する施設(ハンセン病療養所など)に入所している方

 ※本人の申し出により、保険料を納付することもできます。

申請免除

「本人(第1号被保険者)」「配偶者」「世帯主」の申請年度のそれぞれの前年所得が、次の表の基準額以下である場合、国民年金保険料の納付が「全額」または「一部(4分の3、半額、4分の1)」免除されます。

 

 種類

基準額

 全額免除

(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

 4分の3免除

(4分の1納付)

 78万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

 半額免除

(半額納付)

118万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

 4分の1免除

(4分の3納付)

158万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

※本人・配偶者・世帯主が失業したことにより申請する場合は、「雇用保険被保険者離職票」または「雇用保険受給資格者証」をお持ちください。

 

申請できる期間
  • 7月分から翌年6月分
  • 申請日より2年1か月前までさかのぼった期間

 

承認後の納付について

一部免除の承認を受けた場合、残りの納めるべき保険料を納付しないと未納扱いとなります。また、免除の承認を受けた期間の保険料は、10年以内であればさかのぼって納付することができます(追納制度)。 ただし、当時の保険料に加算金が上乗せされる場合があります。                                

  

 学生納付特例

学校教育法に規定する大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校および各種学校(修業年限が1年以上の課程)などに在学している学生で、本人の前年所得が次の表の基準以下の場合、保険料の納付が猶予されます。

 

基準額

学生納付特例 118万円+(扶養親族等の数×38万円)+社会保険料控除等

  

申請できる期間
  • 4月分から翌年3月分
  • 申請日より2年1か月前までさかのぼった在学期間  

 

 納付猶予

本人(第1号被保険者)が50歳未満で、本人・配偶者の前年所得が次の表の基準以下の場合、保険料の納付が猶予されます。

 

基準額

納付猶予 (扶養親族等の数+1)×35万円+22万円

※本人・配偶者が失業したことにより申請する場合は、「雇用保険被保険者離職票」または「雇用保険受給資格者証」をお持ちください。
※平成28年6月分までは、30歳未満の方が対象です。 

申請できる期間 
  • 7月分から翌年6月分
  • 申請日より2年1か月前までさかのぼった期間   

 

承認後の納付について

学生納付特例・納付猶予の承認を受けた期間の保険料は、10年以内であればさかのぼって納付することができます(追納制度)。ただし、当時の保険料に加算金が上乗せされる場合があります。
また、追納しなければ、老齢基礎年金の年金額に反映されません。

 

各支所問合先

  • 一色支所 住民担当
    西尾市一色町一色東前新田8番地
    電話 0563-72-9601(直通) 
    FAX 0563-72-3502
     
  • 吉良支所 住民担当
    西尾市吉良町荻原川畑20番地
    電話 0563-32-1112(直通) 
    FAX 0563-32-3209
     
  • 幡豆支所 住民担当
    西尾市西幡豆町仲田14番地2
    電話 0563-63-0113(直通) 
    FAX 0563-63-0138