平成30年4月2日より平成30年度の補助事業の受付を行います。補助事業には、受付可能な日付と完了の締切日があります。詳しくはお問い合わせください。

市では、子育てや介護を家族同士で支え合うことで子育てなどにかかる負担を軽減することを目的に、三世代同居対応の住宅の新築または対応工事に要する費用の一部を補助します。

 

 対象となる工事(補助金上限30万円 新築又は改修に要する費用の2分の1・25戸募集予定)

一戸建て住宅及び併用住宅の所有者が、1棟の家に(1)キッチン、(2)浴室、(3)トイレ、(4)玄関のうち、2種類以上を複数箇所設置する工事

 (1)キッチン(2)浴室

(3)トイレ(4)玄関

申請は、工事着工前に行う必要があります。

着工から完成までが同一年度で行えない場合には、補助事業の認定を先に行うことにより、交付申請より先に工事着手をすることがことができます。

※詳しい内容は補助リーフレット.pdf [2768KB pdfファイル]  を参照ください。

※事業認定を受ける場合はこちら(作成中)

 

その他

三世代同居対応住宅の新築または対応工事をすることで、固定資産税等の特例が受けられる場合があります。

詳しくは税務課土地・家屋担当(65-2126または65-2128)へ。

 

申込方法

申請書を直接建築課へ。

 

関係様式(平成30年4月1日予定)

 

申請時

 

申請時(事業認定の場合のみ)

 

交付後

 

完了時