平成28年12月1日から、衣類等の繊維製品の洗濯表示が、新しいJIS L 0001(以下「新JIS」という。)にならったものに変更されます。
新JISでは、記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関するよりきめ細かい情報が提供されるようになります。
また、国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した繊維製品の取扱いなどを円滑に行えるようになります。

経過措置

施行日前に現行JISの表示を行った製品は、施行日以降もそのままの表示で差し支えありません。

※詳しくは消費者庁ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。
 

 

 

 

問合先

消費者庁表示対策課 電話03-3507-9205

画像