災害が発生し、停電となった場合、防災拠点である消防署出張所の機能を維持するために太陽光発電設備、蓄電池設備を設置し必要最小限の電力を確保します。また、平常時では太陽光発電設備、蓄電池設備(再生可能エネルギー設備)を導入することで地域の低炭素化を図ります。なお、これらの設備の設置は、環境省及び愛知県の補助事業を活用しております。

事業名
  • 環境省
    再生可能エネルギー等導入推進基金(グリーンニューディール基金)事業
  • 愛知県
    愛知県再生可能エネルギー等導入推進基金事業

 

設備を設置した消防施設
  • 消防署北出張所
  • 消防署東出張所

 

運用開始

平成28年1月27日

 

設備の概要
太陽光発電設備

太陽電池モジュール 

公称最大出力  4.88kw
モジュール変換効率 19%

 

蓄電池設備

蓄電池

蓄電容量 5.6kwh

 

設備の設置
消防署北出張所
太陽光発電設備 蓄電池設備

 

消防署東出張所
太陽光発電設備 蓄電池設備