個人番号カード

 

個人番号カードとは

個人番号カードとは、本人の顔写真付でICチップを内蔵したプラスチック製のカードです。初回交付は無料です。

※再発行の場合は、個人番号カードは800円、電子証明書は200円となります。

 

メリットについて
  • カード1枚で「個人番号の確認」と「本人確認」ができるため、行政機関の窓口等で各種届出等の手続がスムーズに行えます。
  • 署名用の電子証明書として、電子申請(e-Tax等)や、各種民間のオンライン取引で利用できます。
    ※15歳未満の方には、署名用電子証明書は搭載されません。
  • 平成29年1月から開始予定のマイナポータルへのログインをはじめ、各種行政手続きのオンライン申請に利用できます。
    ※マイナポータル…マイナンバーのついた自分の情報履歴や、行政機関が持つ自分の個人情報などが確認できるポータルサイトです。

 

個人番号カード見本(案)

         おもて                うら

  

記載内容

おもて…氏名、住所、生年月日、有効期限、顔写真、電子証明書の有効期限等

うら…個人番号、氏名、生年月日等

 

有効期限
カード発行日の年齢 カードの有効期限
発行日において20歳以上の方 発行日からその後10回目の誕生日まで
発行日において20歳未満の方 発行日からその後5回目の誕生日まで

 

 

 

※外国人住民の方は、在留資格によって有効期限が異なります。 

  

 1 申請について

個人番号カード申請書の場合 

(1)個人番号カードの交付申請書は、各世帯に送付する「通知カード」に同封してあります。

(2)個人番号カードの交付を希望される方は、「個人番号カード交付申請書」にあらかじめ記載されている内容を確認していただき、ご自身の顔写真を貼付し、署名又は記名押印し、同封の返信用封筒で地方公共団体情報システム機構に返送してください。もし、記載されている氏名、住所等に誤りや変更がある場合は、その申請書は使用できません。市民課もしくは支所にて新たな申請書の交付を受けてください。

 

 

インターネットの場合

申請用WEBサイト「https://net.kojinbango-card.go.jp」にアクセスし、画面の案内にしたがって、必要事項を入力し、顔写真を添付して送信する。

 

2 交付について(カードの受取)

個人番号カードの交付は、平成28年1月18日から開始します。

 

(1)

個人番号カードの申請をした方には、交付通知書(はがき)が届きます。交付通知書と必要な持ち物を持参のうえ、交付通知書に記載されている指定の交付場所へ、期限までに、ご本人がお越しください。

※15歳未満または成年被後見人の場合は、法定代理人が同行してください。

       交付通知書(例)

 

ア 交付申請者(本人)が来庁して受け取る場合

【必要な持ち物】※いずれも原本をお持ちください。

  • 交付通知書
  • マイナンバーの通知カード
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • 本人確認書類(次の(あ)から(お)までのうち、いずれかの方法で本人確認を行います) 
    本人確認書類については、「個人番号カード受取時の本人確認書類一覧」を参照ください。
    (あ)「A書類2点」
    (い)「A書類1点+B書類1点」
    (う)「A書類1点+回答書」
    (え)「B書類2点+回答書」
    (お)「A書類1点+口頭質問による本人確認」
    ※「回答書」とは「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書」の回答書欄に必要事項を記入したもの

 

イ 15歳未満の方または成年被後見人の方が来庁して受け取る場合

 申請者本人だけでなく、法定代理人の同行が必要です。

【必要な持ち物】

  • 交付通知書
  • マイナンバーの通知カード
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • 法定代理人の代理権を証明する戸籍謄本、その他資格を証明する書類
    ※戸籍謄本は、本籍地が西尾市の場合は不要。西尾市外の場合は必須
  • 本人確認書類(次の(あ)から(お)までのうち、いずれかの方法で本人確認を行います)
    本人確認書類については、「個人番号カード受取時の本人確認書類一覧」を参照ください。
    『申請者本人』
    (あ)「A書類2点」
    (い)「A書類1点+B書類1点」
    (う)「A書類1点+回答書」
    (え)「B書類2点+回答書」
    (お)「A書類1点+口頭質問による本人確認」
    ※「回答書」とは「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書」の回答書欄に必要事項を記入したもの
    『法定代理人』
    (あ)「A書類2点」
    (い)「A書類1点+B書類1点」
    (う)「A書類1点+口頭質問による本人確認」

 

ウ、法定代理人以外の代理人が来庁して受け取る場合

 申請者本人が病気、身体の障害、その他やむを得ない理由により、交付場所に行けない場合のみ、個人番号カードの受け取りを代理人に委任できます。

【必要な持ち物】

  • 交付通知書
  • マイナンバーの通知カード
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ )
  • 委任状等、申請者本人が代理人を指定した事実が確認できる書類
    ※「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書」の委任状欄に必要事項を記入したものも可
  • 申請者本人の来庁が困難であることを証明する書類
    (例:診断書、障害者手帳、施設等入所証明書など)
  • 本人確認書類(次の(あ)(い)(う)のうち、いずれかの方法で本人確認を行います) 
    本人確認書類については、「個人番号カード受取時の本人確認書類一覧」を参照ください。
    『申請者本人』
    (あ)「A書類2点」
    (い)「A書類1点+B書類1点」
    (う)「B書類3点」(申請者本人の写真が表示された書類1点以上を含む)
    『代理人』
    (あ)「A書類2点」
    (い)「A書類1点+B書類1点」
    (う)「A書類1点+口頭質問による本人確認」 

  

個人番号カード受取時の本人確認書類一覧
A書類(官公署の発行した顔写真付きの本人確認書類) 住民基本台帳カード、旅券、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成2441日以降)、身体障害者手帳、精神障害者保険福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書
B書類(官公署等の発行した本人確認書類等

海技免状、無線従事者免許証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、特種電気工事資格者認定証、検定合格証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書、健康保険証、介護保険証、年金手帳、生活保護受給者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、民間企業の社員証、学生証、預金通帳、A書類が更新中の場合に交付される仮証明書または引換証、その他市長が適当と認めるもの

※氏名と生年月日、または氏名と住所が記載されているものに限る

※本人確認書類の文字や写真などが汚損等で確認できない場合は、本人確認書類として認められない場合があります。事前に発行元より再交付を受けてからお越しください。
※本人確認書類に有効期限のあるものは、来庁時に有効期限内のものに限ります。 
※本人確認書類は、必ず原本を持参ください。コピー等は不可です。

 

(2)

交付場所で本人確認のうえ、暗証番号を設定した後、個人番号カードを交付します。

個人番号カードは大切な情報が記載、搭載されているため、複数の暗証番号で管理します。暗証番号は次のとおり、2つ以上必要です。あらかじめ、特定されにくい番号を考えてからお越しください。

暗証番号
a)署名用電子証明書

大文字のAからZまでの英字と0から9までの数字の混在した、6文字以上16文字以下の英数字

b)利用者用電子証明書 数字のみ4桁
c)住民基本台帳 数字のみ4桁
d)券面事項入力補助 数字のみ4桁

※ b、c、dは同じ暗証番号を設定できます。
※15歳未満の方は、署名用電子証明書は搭載されません。

 

個人番号カードの交付場所と日時
交付場所
  • 一色地区の方…一色支所
  • 吉良地区の方…吉良支所
  • 幡豆地区の方…幡豆支所
  • その他の方…本庁市民課
日時
  • 月曜日から金曜日…午前9時から午後5時15分
  • 土曜日…午前9時から正午

  (土曜日の交付については平成28年7月30日まで)

※終了時間の15分前までにお越しください。それ以降にお越しの場合は、受付できない場合があります。