第10回特別弔慰金の請求を受け付けます

 戦後70周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者のご遺族に特別弔慰金(記名国債)が支給されます。
 

支給対象者

 次の2つの条件を満たすご遺族のうち、1から12までの順位の先順位の方お一人に支給されます。

  •  戦没者等の死亡当時に生まれていること。(戦没者の子については、戦没者の死亡当時の胎児も含む)
  •  基準日(平成27年4月1日)において、ご遺族の中に公務扶助料等を受ける権利のある方(戦没者の妻など)がいないこと。

支給順位

1.弔慰金の受給権者

  ※この弔慰金とは、およそ昭和27年当時にご遺族の方へ支給された弔慰金です。

2.子

3.父母  4.孫  5.祖父母  6.兄弟姉妹

 ※3から6順位は次の要件をすべて満たす必要があります。

  •  戦没者等の死亡当時、戦没者等と生計関係があること
  •  基準日において、遺族以外の者の養子になっていないこと(戦没者等の死亡日前の養子縁組を除く)
  • 基準日において、遺族以外の者と氏を改める婚姻をしていないこと又は遺族以外の者と事実上の婚姻関係にないこと(戦没者等の死亡日前の婚姻関係を除く)

7.父母  8.孫  9.祖父母  10.兄弟姉妹

  • 7から10順位は、3から6順位に必要な要件を満たしていない方

11.上記以外の三親等内親族

  • 戦没者等と引き続き1年以上生計関係があり、喪主として戦没者等の葬祭を行った方

12.上記以外の三親等内親族

  • 戦没者等と引き続き1年以上生計関係があり、戦没者等の葬祭を行わなかった方

 

支給内容

 額面25万円、5年償還の記名国債
 

請求方法

 市役所福祉課、一色支所、吉良支所、幡豆支所において受け付けを行っています。

 ※ 請求に必要な用紙は記入方法を説明の上、請求場所でお渡しします。

請求時の持ち物

  • 印鑑(国債の受け取りで使用するもの)
  • 身分証(運転免許証や健康保険証など)
  • 個人番号(マイナンバー)がわかるもの

 

請求期限

平成30年4月2日まで