延滞金とは、納期限までに納税された方とそうでない方との公平を保つために課せられるものです。

 納期限を過ぎても納税されない場合は、本来の税額のほかに日数に応じて延滞金が課せられます。
 延滞金は、税額に納期限の翌日から納税の日までの期間の日数に応じ、原則として14.6%の割合で課せられます。 ただし、納期限から1か月間は、原則として年7.3%の割合で計算します。

  • 税額が2,000円未満の場合、延滞金は課せられません。
  • 税額に1,000円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てて計算します。
  • 計算された延滞金額が1,000円未満の場合、延滞金は課せられません。
  • 延滞金額に100円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てます。

延滞金の割合は、下記の表のとおりです。

 

期間

納期限の翌日から

1か月までの期間

(年率)      

納期限の翌日から1か月

を経過した日から納付の日

までの期間

(年率)

平成11年12月31日まで 

7.3%

 

 

14.6%
 
 
 
 
 
 

平成12年1月1日から

平成13年12月31日

4.5%

平成14年1月1日から

平成18年12月31日

4.1%

平成19年1月1日から

平成19年12月31日

4.4%

平成20年1月1日から

平成20年12月31日

4.7%

平成21年1月1日から

平成21年12月31日

4.5%

平成22年1月1日から

平成25年12月31日

4.3%

平成26年1月1日から

平成26年12月31日

2.9% 9.2%

平成27年1月1日から

平成28年12月31日

2.8% 9.1%

平成29年1月1日から

平成29年12月31日

2.7% 9.0%

※延滞金の割合は、平成12年1月1日から特例を適用しています。