火災、救助、救急等各種訓練の様子

 我々消防隊員は、市民の生命、身体及び財産を火災などの災害から守るために、日夜様々な訓練を行っています。
 ここでは、消防隊員が行っている各種訓練等についてご紹介します。 

実施訓練紹介

各タイトルをクリックすると画像にとびます。 

■内閣府・西尾市 地震・津波防災訓練 平成26年11月5日実施 

■水難救助訓練                   平成27年6月19日実施

■離島対策合同訓練          平成26年7月23日実施

■震災対応活動訓練          平成26年8月18,19日実施

 

 

内閣府・西尾市 地震・津波防災訓練

 平成26年11月5日、西尾市消防本部消防署本署において、内閣府・西尾市地震・津波防災訓練の一つとして図上訓練を実施しました。

 この訓練は、愛知県西三河地域を震源とする直下型地震と南海トラフを震源とする地震が連続して発生したとの想定の下、活動隊員には訓練想定を明らかにしないブラインド型で指揮本部の設置・運用を行い、発災時の人員で初動対応を行うなど実運用を想定し、図上訓練を実施しました。

図上訓練1

 ホワイトボードを使用し、119番通報に入電する災害に対応する指揮本部の様子

図上訓練2

 西尾市全域の地図を活用し、どの隊がどこで活動しているかをひと目でわかるように示している様子

図上訓練5

 指揮本部を設置し、様々な情報を集めている様子

図上訓練6

 水没した車両にとり残された要救助者を助け出す様子

 

 

水難救助訓練

 この訓練は、米津町地内矢作川において発生した水の事故に対して、消防・警察の各隊が連携し、迅速・確実かつ安全な救助活動の遂行を図るため、水上及び水中での検索救助技術、陸上での救護活動の向上を図ることを目的として実施しました。 

水難訓練1

 指揮本部を設置し、警察との連携を図り、様々な情報を集めている様子

要救助者検索

 隊員にて舟艇を河川に降ろす様子

水難訓練3

 消防・警察の各隊員による周囲を検索している様子

本署長の講評

 訓練を終え、消防署本署長より講評を受ける消防・警察の各隊員の様子

 

 

 離島対策合同訓練

  この訓練は、西尾市一色町佐久島において、災害が発生した時に、消防署・消防団・愛知県防災航空隊との迅速な連携を維持し、効率的な消火などの活動を行えるように実施しました。

放水訓練

 西尾市消防団佐久島分団による放水訓練の様子

防災航空隊

 愛知県防災航空隊による輸送・偵察訓練の様子 

搬送訓練

 消防署・消防団・愛知県防災航空隊の各隊員協力による応急救護訓練の様子

講評

 訓練を終え、西尾市消防団佐久島分団長より講評を受ける消防署、消防団の各隊員の様子 

 

 

震災対応訓練

 この訓練は、解体前の建造物を活用し、震災時に倒壊建物・土砂崩れなどにより、「どのような資器材があれば、どのような活動ができるのか」、また狭い空間で助けを求める生存者をいかなる方法でいかに効率よく救助できるのかを訓練しました。

事前説明

 震災時における様々な活動について説明を受けている様子

ベーシックサーチ

 倒壊した建物や倒れた家具などの下敷きになり、助けを求めている人がいないか捜索する様子(ベーシックサーチ)

パッキング

 狭い所を想定して、毛布とブルーシートを使い、要救助者を保護し、安全に搬出する訓練の様子

ブリーチング

 倒壊した建物内にいる要救助者を助け出すためにコンクリート壁に三角形の開口部を作成している様子(ブリーチング)