地震の揺れが小さかったり、揺れを感じなくても、大きな津波が襲ってくることがあります。津波は台風接近時などの高潮よりも強い力を持っています。海の近くに住んでいたり、海にいる時などは注意が必要です。

 

ボウサイ君イラストとにかく、すぐに避難

海岸から津波が見えてからでは、避難は間に合いません。揺れを感じたら、津波警報や津波注意報が出ていなくても、直ちに避難しましょう。また、これらの警報等が発令されたら、揺れを感じなくても避難しましょう。

 

避難は高いところへ

海岸から遠いところではなく、高いところを目指して避難しましょう。 

 

 

警報、注意報解除までは、海辺等に近づかない

津波は2回、3回と繰り返し襲ってくる場合が多く、第1波よりも第2波、第3波のほうが大きいこともあります。また、河川を遡上することもあるので、河川にも近づかないようにしましょう。

 

車での避難に注意

渋滞により、避難が遅れたため津波に巻き込まれるケースも考えられます。できる限り車での避難はやめましょう。

 

正しい情報を入手しましょう

ラジオ、テレビ、防災無線などを通じて正しい情報を入手するよう心がけ、冷静に行動しましょう。

  津波浸水マップ [381KB pdfファイル]

 

津波警報について

津波警報・注意報の種類

警報・注意報等の分類

数値(5段階)

表現方法
大津波警報 10m超、10m、5m 巨大
津波警報 3m 高い
津波注意報 1m (なし)

 詳しくは気象庁のホームページにてご確認下さい。

 気象庁 津波警報・注意報、津波情報、津波予報について

 

「特別警報」について

平成25年8月30日から「特別警報」の運用が開始されました。

気象庁は、警報の発表基準をはるかに超える現象が予想され、重大な災害が起こるおそれが著しく大きい場合に発表されます。

 ●特別警報とは・・・

  警報の発表基準をはるかに超える現象に対して発表されます。これまでにない危険が迫っていることをお知らせする警報です。

 ●特別警報が発表されたら・・・

  ただちに身を守るため最善を尽くしてください。

  避難所へ避難するか、すでに外出することが危険な状態のときは、無理をせず家の中のより安全な場所にとどまってください。

  ※詳しくは気象庁のホームページ「気象庁 特別警報について」をご覧ください。

 

津波防災啓発ビデオ

気象庁が、津波防災を啓発するためのビデオを作成しました。

下記のバナーにアクセスすればビデオの閲覧が可能ですので、津波に対する知識を身に付けましょう。

津波からにげる 津波に備える