救護所

災害時には、交通、通信手段が途絶え、医療機関が麻痺することが予想されますので、西尾幡豆医師会等と市が協力し、下記の避難場所に、応急的な医療活動を行う救護所を設置できる体制を整えています。ボウサイ君イラスト

【西尾地区】

  • 西尾小学校
  • 米津小学校
  • 鶴城中学校
  • 平坂中学校
  • 寺津中学校
  • 福地中学校
  • 東部中学校

【一色地区】

  • 一色町公民館

【吉良地区】

  • 吉田小学校

【幡豆地区】

  • 幡豆いきいきセンター

 

飲料水兼用耐震性貯水槽

平常時には水道管の一部として水道水が循環し、緊急時には緊急遮断弁によって水の出入管を閉じて新鮮な水道水を確保し、飲料や消火用に水を確保するものです。市内9箇所に設置しています。

  • 西尾小学校 (100トン)
  • 米津小学校 (100トン)
  • 東部中学校 (100トン)
  • 平坂小学校 (100トン)
  • 寺津小学校 (100トン)
  • 福地中学校 (100トン)
  • 一色町公民館(100トン)
  • 東幡豆小学校(60トン)
  • 横須賀小学校(100トン)

 

防災用井戸

災害発生時の生活用水を確保するため下記場所に井戸を設置しています。

  • 西尾小学校        
  • 花ノ木小学校
  • 鶴城小学校
  • 八ツ面小学校
  • 西野町小学校
  • 中畑小学校
  • 平坂小学校
  • 矢田小学校
  • 寺津小学校
  • 福地南部小学校
  • 福地北部小学校
  • 三和小学校
  • 室場小学校
  • 米津小学校
  • 西尾中学校
  • 鶴城中学校
  • 平坂中学校
  • 寺津中学校
  • 福地中学校
  • 東部中学校

 

 災害拠点病院

  • 西尾市民病院

災害拠点病院とは、被災地の医療の確保、被災した地域への医療支援を行うために、平成8年に厚生省(当時)により制度化されました。
高度な診療機能、地域の医療機関の支援、重篤患者の広域搬送機能、医療救護チームの派遣機能などを備える病院です。
西尾市民病院は平成19年3月31日に指定されました。