妻のパート収入に対する税金

パートにより得る収入は、通常、給与所得となります。主婦の方の収入がパート収入のみの場合、税金の面では一般的に次の3つのことが言えます。
また、税制改正により、平成31年度(平成30年分の所得に対する課税分)から各控除を受けることができる所得金額の基準が変更されました。

妻本人の所得税と市県民税

パート収入以外に収入がないとき、原則として、次の金額以下の場合、税金はかかりません。

  • 所得税の場合…103万円以下
  • 市県民税の所得割の場合…100万円以下
  • 市県民税の均等割の場合…93万円以下

 

夫の配偶者控除

夫が配偶者控除を受けることができるのは、夫の合計所得金額が1,000万円以下(給与収入では1,220万円以下)かつ、妻の合計所得金額が38万円以下(パート収入では103万円以下)で、妻にパート収入以外の収入がない場合です。なお、夫の合計所得金額が900万円(給与収入では1,120万円)を超えると控除額が段階的に減少し、1,000万円を超える場合は配偶者控除の適用を受けることができません。

配偶者控除額については、配偶者控除の税制改正のページをご覧ください。

 

夫の配偶者特別控除

夫が配偶者特別控除を受けることができるのは、夫の合計所得金額が1,000万円以下(給与収入では1,220万円以下)かつ、妻の合計所得金額が38万円を超え123万円以下(パート収入では103万円を超え201万円以下)で、妻にパート収入以外の収入がない場合です。なお、配偶者特別控除額は、夫および妻の合計所得金額により異なり、所得が増えるに従って段階的に減少します。また、夫の合計所得金額が1,000万円を超える場合は配偶者特別控除の適用を受けることができません。

配偶者特別控除額については、配偶者特別控除の税制改正のページをご覧ください。