狂犬病予防法により生後91日以上の犬は登録と狂犬病予防注射が必要です

犬の登録について(生涯1回)

 犬の飼い主は、犬を取得した日から30日以内に犬の登録をしなければなりません。登録は環境保全課または西尾市が犬の登録業務を委託している動物病院、集合注射会場で行うことができます。登録手数料は3,000円で鑑札を交付しますので、犬に必ず着けてください。

  

狂犬病予防注射(年1回)

 犬の飼い主は、飼い犬に毎年4月1日から6月30日の間に1回必ず狂犬病予防注射を受けさせなければなりません。西尾市が狂犬病予防注射済票の交付業務を委託している動物病院や集合注射会場ではその場で狂犬病予防注射済票を交付します。それ以外の動物病院などで予防注射をされた場合には、環境保全課に獣医師が発行する注射済証を持参の上、狂犬病予防注射済票の交付手続を行っていただく必要があります。交付手数料はいずれも550円です。狂犬病予防注射済票は、犬に必ず着けてください。
 

 

狂犬病予防集合注射について

 西尾市では獣医師の協力のもとに、毎年4月上旬から5月下旬まで狂犬病予防集合注射を実施しております。既に登録を済ませている犬の飼い主の方には、狂犬病予防注射のお知らせを送付しますので、裏面の問診票を記入の上、集合注射会場に必ずこのお知らせをお持ちください。
 狂犬病予防注射は、動物病院でも受けられます。その場合も必ずこのお知らせを動物病院に持参してください。 

  登録鑑札・狂犬病予防注射済票の発行ができる動物病院一覧 [123KB pdfファイル]   

      平成29年度狂犬病予防集合注射日程表[68KB pdfファイル] 

 

その他の手続きについて

 犬に関するおもな手続きについては下記のとおりです。なお、一部の手続きについては、あいち電子申請・届出システムにより行うこともできます。

 

飼い犬が死亡したとき

 やすらぎ苑(電話35-2233)火葬される場合は、その場で犬の死亡届を記入していただければ環境保全課に連絡は不要です。それ以外の場合は、環境保全課までご連絡ください。

 

飼い主の氏名や住所が変更になったとき

 飼い主の氏名が変更になった場合や市内で転居された場合は、環境保全課までご連絡ください。また、市外へ転出された場合には、転出先の市町村役場に西尾市で交付した登録鑑札と注射済票を持参の上、手続きを行ってください。その際に、西尾市への連絡は不要です。

 

登録済みの犬を譲り受けたとき

 西尾市で登録済みの場合は、犬の登録事項変更届をご提出ください。また、市外の方から登録済みの犬を譲り受けた場合は環境保全課で西尾市の登録鑑札を交付しますので、市外で登録の際交付を受けた登録鑑札をご持参ください。なお、手数料はかかりません。

 

登録鑑札や注射済票をなくしたとき

 環境保全課で再発行します。登録鑑札の再交付手数料は1,600円、注射済票再交付手数料は340円です。

 

飼い犬が行方不明になったとき

  環境保全課もしくは各支所、動物保護管理センター(電話0565-58-2323)、西尾警察署(電話57-0110)に連絡をお願いします。

 

飼い犬が人をかんだ、犬にかまれたとき

 動物保護管理センターへ速やかにご連絡ください。

 

申請様式について

 犬登録申請書.pdf [36KB pdfファイル]  

 登録鑑札再交付申請書.pdf [35KB pdfファイル] 

 犬の死亡届.pdf [39KB pdfファイル] 

 犬の登録事項変更届.pdf [42KB pdfファイル] 

 注射済票再交付申請書.pdf [35KB pdfファイル] 

 

問合先

444-0531 西尾市吉良町岡山大岩山65番地
西尾市役所 環境保全課(西尾市クリーンセンター内) 地図表示(別ウィンドウで開きます) 
Tel 0563-34-8111 FAX 0563-34-8115