公害でお困りの方は、環境保全課窓口へお越しいただくか、もしくは電話にて御相談ください。手紙やe-mailでも構いません。受理した苦情については、被害状況や実測等の必要な調査を行ったうえで、原因及び改善方法について検討し、原因者もしくは苦情者に対して改善の指導や助言を行います。

公害とは

 環境基本法(1993年)による「公害」の定義は、『環境の保全上の支障のうち、事業活動その他の人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる大気の汚染、水質の汚濁(水質以外の水の状態又は水底の底質が悪化することを含む)、土壌の汚染、騒音、振動、地盤沈下(鉱物の採掘のための土地の掘削によるものを除く)及び悪臭によって、人の健康又は生活環境(人の生活に密接な関係のある財産並びに人の生活に密接な関係のある動植物及びその生育環境を含む)に係る被害が生ずること』をいう。

典型七公害と市役所への苦情例

大気汚染(工場のばい煙・残土置き場の砂ぼこり)
水質汚濁(河川に流出した油・浄化槽の不適切な維持管理)
土壌汚染
騒音(工場等の作業音)【ペット等による騒音は該当しません*】
振動(工場や車による振動)
悪臭(田畑の肥料・工場や事業所からのにおい)
地盤沈下

*について
特定施設に該当する設備がないため、規制対象とはなりません。
ペットの飼い方等については、動物保護管理センターまでお問い合わせください。
また、ラジコンボート・ピアノ等の音も対象とはなりません

動物保護管理センター
豊田市穂積町新屋73-3
Tel 0565-58-2323

その他の苦情例