西尾市児童発達支援センターでは、在籍する園児を支援する「児童発達支援」と、 地域の児童を支援する「障害児相談支援」及び「保育所等訪問支援」を行っています。

門と玄関

                         

園舎と屋外遊戯場(園庭)

送迎バス(2台)

  

白ばら園(児童発達支援)

白ばら園は、ことばや人との関わりなどがにがてな子どもたちや、運動の発達がゆっくりな子どもたちが、園のバスで通園し、療育を受けるところです。就学前の子どもたちがどんな支援を必要としているのかを、保護者と園のスタッフ及び専門医が一緒に考えていきます。また、大学生や高校生などのボランティアを常時、受け入れています。

【ページ内リンク】

施設の目的・方針等

名称

児童発達支援センター 西尾市立白ばら園

所在地

西尾市室町中屋敷95番地

電話番号

0563-52-1653

ファクシミリ

0563-52-1655

開設年月日

昭和43年5月1日

平成25年4月1日(移転新築)

敷地面積・建物面積

5,377.55平方メートル(室場保育園含む)、 787.14平方メートル

定員及び園児数

48人(4月1日現在の園児数47人)

入園児童の年齢

障害のあるおおむね3歳から5歳までの幼児を対象とします。

目的

児童福祉法に基づく施設で、障害のある幼児を日々保護者のもとから通わせて、 保護育成するとともに自立に向けて支援します。

運営方針

園児一人ひとりの発達の違いに配慮して、その子どもに適した働きかけをすることにより、諸機能の発達や促進を図り、将来の自立に向けて個々に対応した支援をします。

職員配置等  

  • 園長 1人
  • 主任 1人
  • 児童発達支援管理責任者1人
  • 事務員1人
  • 保育士(担任)15人
  • 保育士等(パート)2人
  • 児童指導員(担任)2人
  • 児童指導員(パート)2人
  • 准看護師(パート)1人 
  • 栄養士 1人
  • 調理員 2人 
  • 送迎バス運転手2人 
  • その他 臨床心理士1人、作業療法士1人、言語聴覚士1人(委託契約)、理学療法士1人(委託契約) 、嘱託医1人(おおむね月1回)
  • 計36人

療育の目標                                              

基本的生活習慣が身につくようにします。 

食事・着脱・排泄など子どもに合わせたペース(スモールステップ)で進めていきます。  

人間関係の基礎となる社会性を育てます。 

保育士や友達と遊んだり、生活する中で、人と関わる力を育てていきます。 コミュニケーションの気持ちが育つ中で、ことばも発達していきます。 

丈夫な体をつくります。 

運動遊びや年間を通したプール遊びにより、全身の感覚や運動機能を伸ばして、丈夫な体をつくります。  

家庭と連携して子育てをしていきます。 

日々の連絡帳、家庭訪問、個別懇談、個別支援計画、親子通園日などにより家庭と園が一貫した療育を進められるようにしていきます。 また、子どもの小さな成長を見つめて喜びを分かち合えるようにしていきます。 

支援内容 

1人1人の発達の違いに配慮して、保護者の意向を取り入れた療育の目標に沿った支援をします。

食事・おやつ

栄養士の立てる献立により、子どもの嗜好や発達に応じた食事やおやつを提供します。

排泄 

排泄チェックリストをつけて排泄の自立に向けた支援をします。

着脱

できることから少しずつ、衣服の着脱ができるように支援します。

運動・遊び

子どもの発達に合わせていろいろな遊びを計画します。親子プール指導や作業療法も行っています。

社会性

担任との信頼関係をもとに1人1人の発達に応じたコミュニケーションの方法が身につくように支援しています。併設する室場保育園児との交流保育も行っています。

行事

親子と触れ合う楽しい行事を行います。また、園児の誕生日には、好きなおやつを用意して、親子で祝います。

保護者支援

連絡帳、家庭訪問、個別懇談などで、家庭との連絡を密接にし、いろいろな相談に応じます。また、保護者参観・保護者研修を行ったり、保護者会活動も支援します。

健康

年2回嘱託医による健康診断と発達の相談を行います。また、月1回の身体測定をおこないます。  

開園日時

開園日                                                          

月曜日から金曜日です。ただし、祝日、年末年始、夏季家庭療育日など年間行事表で指定した日は、休園となります。また、月1回行われる職員会の日は、午後から家庭療育日となります。           

療育時間           

 午前10時から午後2時45分  

日課

  • 午前8時40分   運行バス出発
  • 午前10時00分 運行バス到着(登園)、支度、 排泄 、朝の会、体操、あそび
  • 午前11時30分 排泄、手洗い、 食事 、 歯みがき 、 あそび、必要な子のみ昼寝
  • 午後2時00分    排泄、手洗い 、 おやつ 、 支度、帰りの会
  • 午後2時45分    降園(バス出発)

クラス配置

  • ぞう組9人(担任3人)
  • ぱんだ組9人(担任3人)
  • ねこ組 9人(担任3人)
  • うさぎ組6人(担任2人)
  • こあら組6人(担任2人)
  • りす組8人(担任4人)
  • 計47人(4月1日現在)

大切にしていること

人間関係の第一歩は、信頼できる大人を見つけることです。そのために、安心して自己表現したり、甘えたりできるような関係をつくります。

  • 指示待ちでなく主体的に行動できるような働きかけをします。
  • 自己肯定感が持てるように今できること、好きなことを大切にし、成功体験がたくさんできるようにしていきます。
  • 安心して過ごせる環境をつくります。
  • 保護者同士が支え合い、学ぶことができるように協力していきます。  

平成28年度年間行事

  •   4月  入園式、家庭訪問、(保護者会総会、親子プール講話 ) 、親子通園
  •   5月  親子プール
  •   6月  交流保育( 5月から2月)、親子プール、親子通園、保護者参観及び保護者研修
  •   7月  プールあそび 、個別支援計画に基づく懇談会
  •   8月  プールあそび、夕涼み会
  •   9月  親子プール、親子通園
  • 10月  親子ふれあい運動会、親子プール 、秋の親子遠足
  • 11月  親子プール 、親子通園
  • 12月  クリスマス会、親子プール  、個別支援計画に基づく懇談会 
  •   2月  ふれあいにこにこまつり、親子通園 、保護者参観及び保護者研修
  •   3月      親子プール 、お楽しみ会、個別懇談、卒園式 

入園手続き

  • 通所受給者証が必要です。
  • 通所受給者証の交付申請書は、西尾市子ども部子育て支援課( 代表電話 0563-56-2111 )へ提出してください。 

利用料

  • 学齢前児童が2人以上いる家庭の場合に利用料が軽減されます。減額申請書の提出が必要です。(国の制度)
  • 市町村民税非課税世帯:無料 
  • 市町村民税所得割額28万円未満世帯:月額4,600円
  • 市町村民税所得割額28万円以上の世帯:日額約1,000円×利用日数 (月の平均利用日数17日の場合の利用料):月額 約17,000円
  • 食費(給食費)のうち、保護者負担分(食材費等)は、西尾市が負担しているため、徴収していません。 
  • 負担上限月額は、支給決定月に、直近に把握した所得(市民税所得割額)に基づき決定します。(誕生月の翌月から上限負担月額が新市民税所得割額により見直しがされます。)
  • 世帯の所得の合算額により負担上限月額が決定します。

その他 

  • 園庭(屋外遊戯場)及びプレイルーム等は、毎週土曜日の午前9時から午前11時30分まで開放 していますので園児の親子等で自由に利用することができます。ただし、秋の運動会、ふれあいにこにこまつり等の行事があるときは、利用できません。(問合先 52-1653)

施設の案内

   地図(新しいウインドウで開きます)

      西尾市立室場保育園(西尾市室町中屋敷95番地)となりです。

入園及び見学等の相談・問合先窓口

  • 電話:0563-52-1653
  • FAX:0563-52-1655
  • 受付:午前8時30分から午後5時 月曜日から金曜日
  • 〒445-0033  愛知県西尾市室町中屋敷95番地 児童発達支援センター 西尾市立白ばら園

地域の児童への支援

 白ばら園に在籍していない児童への地域支援として、平成27年度から「障害児相談支援事業」と「保育所等訪問支援事業」を始めました。共に児童福祉法に基づく事業です。詳細については、白ばら園又は、障害児相談支援事業所「しろばら」  に問い合わせください。

関連リンク  (新しいウィンドウで開きます)