多文化子育て支援とは

 多文化な子育て環境を有する外国人育児家庭が、定住化する日本の地域社会や保育所・幼稚園等で、安心して子育て・子育ちができるための自立的支援を行う多文化子育て支援事業を平成20年度から開始しました。

具体的には、外国人児童の在籍率の高い民間保育所に、専任スタッフとして外国人児童コーディネイターを配置して、子育て・教育機関及び多文化共生に関わる関係機関等と連携して、主に就学前外国人児童がいる家庭を対象にした次のような子育て支援事業を行っています。

外国人育児家庭に対するアンケート

公私立保育所・公立幼稚園を利用する外国人育児家庭の子育て環境の実態及び日本語学習意欲、子どもの就学希望等について把握しました。

外国人保護者に対する就学説明会

日本の学校経験のない外国人保護者を対象に、小学校の仕組み、学校で使うもの、学校生活の様子をレクチャーし、小学校の施設見学と日本の学校体験者による体験談発表も行いました。

外国人保護者に対する日本語教室

子どもを保育所で預けることのできる毎週土曜日、能力別にわけて日本で生活をしていくために必要な日本語を指導します。

対象

市内在住の児童の保護者。その他にも興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。

実施日

毎週土曜日

料金

1か月1,000円

連絡先

中野郷保育園 電話0563-57-3519

就学前児童に対するプレスクール(初期指導教室)

日本の小学校入学予定児童のうち、日本語の理解が進んでいない児童を対象に、小学校で使う言葉やルール、数、文字などを指導しました。