事業の内容

 介護相談員を市内の施設や通所施設に派遣し、直接利用者、またはその家族の相談に応じ、サービスの現状把握するとともに、利用者と施設等の橋渡しを行い、利用者の疑問や不安、不満の解消を図ります。 

介護相談員とは

 利用者の立場に立ちつつ、利用者とサービス提供事業者両者間の橋渡しを行い、サービス利用者の不満、不安や疑問に気付き、苦情に至る事態を未然に防止するために活動する人です。

 また、利用者の立場に立つことを基本原則とし、介護を必要とする高齢者の相談に応じることのできる熱意とボランティアマインドのある人で、介護相談員養成研修の受講を修了した人に委嘱しています。

 現在は、16人が介護相談員として活動しています。訪問日等については、長寿課及び利用している施設にお尋ねください。

 

 問合先  長寿課 給付担当 内線1506