AEDとは

AEDケース AED中身

  • 心臓の筋肉が不規則にブルブルと震え、全身に血液を送り出すことができなくなった状態(心室細動)を、心臓に電気ショックを与えることにより、正常な状態に戻す器械です。
  • 一般の方でも簡単で安全確実に操作できるように設計されています。
  • 内蔵されたコンピューターが心臓のリズムを解析し、電気ショックが必要かどうかを自動的に決定します。
  • どういう操作をすべきかを音声メッセージで指示してくれます。
  • 平成16年7月から一般市民による使用が認められました。

AEDの取り扱い

AEDのふたを開け、電源ボタンを押します。
(ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります)

AEDからの音声によるメッセージに従い操作して下さい。 

※あらかじめ、コネクターが接続されている機種もあります。

電極パッドを傷病者の胸部に貼ります。

パッド装着時の注意点

  • 濡れている時は、タオルなどで拭き取ってから貼ってください。
  • 薬剤などが貼ってある時は、薬剤をはがし、薬を拭き取ってから貼ります。
  • ペースメーカー等が埋め込まれている時はその部分を避けた場所に貼ります。

ケーブルコネクタを本体に接続すると自動的に解析が始まります。

解析中の注意点

  • 傷病者にさわらない!

  • 近くに人がいたら「解析中です!はなれて!」と注意を即し、誰も触れてないことを確認します。

 AEDから除細動の指示がでたら、除細動ボタンを押す。

除細動ボタンを押すときの注意点

  • 傷病者には絶対さわらない!

  • 近くに人がいたら「ショックします!はなれて!はなれて!」と注意を即し、誰も触れてないことを確認します。

  • 確実に安全確認!!

その後、すぐに胸骨圧迫と人工呼吸を行って下さい。

AEDの設置場所

愛知県には「あいちAEDマップ」といった、AED設置場所閲覧システムがあります。

このサイトでは、AED設置場所閲覧の他、登録申請も可能です。