特定疾病に係る診療を受ける場合に支払う医療費は、「後期高齢者医療特定疾病療養受療証」を保険医療機関等に提示していただくと、保険医療機関等ごとに1か月につき1万円が限度となります。ただし入院した場合の食費などは除きます。 

特定疾病認定申請に必要なもの
  • 後期高齢者医療の特定疾病認定申請に係る医師の意見書
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 印鑑(スタンプ印は不可)  

   申請により認定されますと、「後期高齢者医療特定疾病療養受療証」を交付いたします。 

対象となる病気  
  • 人工透析を実施する慢性腎不全
  • 血友病
  • 血液凝固因子製剤に起因するHIV感染症