高額療養費の支給について

 保険診療分の医療費が1か月の自己負担限度額を超えている場合に、その超えた額が高額療養費として支給されます。

   高額療養費の支給を受ける場合は初回のみ申請が必要です。初めて該当される方には愛知県後期高齢者医療広域連合から通知します。2回目以降は、届け出をされた口座に自動的に振り込みます。   

負担区分と1か月の自己負担限度額(平成29年8月以降の額。〈 〉内は、平成29年7月までの額)

   負担区分

負担割合

 

自己負担限度額

個人の限度額

(外来のみ)

世帯の限度額

(外来+入院)

現役並み

所得のある方

同一世帯に市民税の課税所得が145万円以上ある被保険者が

いる世帯の方

3割

57,600円

〈44,400円〉

80,100円+(医療費-267,000円)×1% ※1

一般

現役並み所得者、区分Ⅱ、区分Ⅰに該当しない方

1割

14,000円

※2

〈12,000円〉

57,600円 ※1

〈44,400円〉

区分Ⅱ

市民税非課税世帯で、区分Ⅰに該当しない方

1割 8,000円 24,600円

区分Ⅰ

世帯全員の各種所得(公的年金は控除額を80万円で計算)が0円の方

または、世帯全員が市民税非課税で被保険者本人が老齢福祉年金を受給している方

1割 8,000円 15,000円

  ※1 負担区分が「現役並み所得のある方」及び「一般」で、過去12か月以内に世帯の限度額を超え、高額療養費の支給が3回以上ある場合
      には、4回目以降から世帯の限度額が44,400円となります。

  ※2 年間(平成29年8月から平成30年7月まで)144,000円を上限とします。 

 75歳になられたことにより資格を取得された方(毎月1日生まれの方を除く)は、75歳の誕生月は自己負担限度額が半額になります。

 

申請に必要なもの

  後期高齢者医療被保険者証、印鑑(スタンプ印は不可)、本人様名義の預金通帳 (本人様がお亡くなりの場合は、相続人様名義のもの)

支給方法

  届け出をされた口座に振り込みます。