自動車騒音常時監視(面的評価)について

 平成24年度から、自動車騒音の状況の常時監視に関する事務が県から一般市へ委譲されました。

自動車騒音常時監視業務の概要

 自動車騒音の状況の常時監視は、騒音規制法第18条の規定に基づき、自動車騒音対策を計画的総合的に行うための基礎資料となるように、道路を走行する自動車の運行に伴い発生する騒音に対して道路に面する地域全体の騒音曝露状況を把握するものです。

面的評価とは

 面的評価とは、幹線道路に面した地域(道路端から50メートルの範囲)において、個々の建物ごとの騒音レベルを推計し、環境基準を超過する住居等の戸数の割合を算出する道路交通騒音の評価方法です。

面的評価の概要と結果