平成25年度から適用される市県民税の主な改正点 

生命保険料控除の改組について

  1. 24年1月1日以後に締結した生命保険契約など(新契約)については、新たに介護医療保険料控除が設けられ、一般生命保険料控除、個人年金保険料控除とともにそれぞれの適用限度額が28,000円になります。 
  2. 23年12月31日以前に締結した生命保険契約など(旧契約)については、従前と同様に一般生命保険料控除、個人年金保険料控除それぞれの適用限度額は35,000円です。
  3. 新契約と旧契約の双方の支払保険料について、一般生命保険料控除、個人年金保険料控除の適用を受ける場合、それぞれ以下の控除額の合計(適用限度額28,000円)になります。
    ▶新契約の支払保険料…新契約に係る控除額の計算により算出した金額
    ▶旧契約の支払保険料…旧契約に係る控除額の計算により算出した金額

※今回の改正の生命保険料控除の合計適用限度額の70,000円に変更はありません。

 

◆生命保険料控除改組のイメージ図

合計適用限度額70,000円
1.新契約

一般生命

保険料控除

適用限度額

28,000円

個人年金

保険料控除

適用限度額

28,000円

(新)介護医療

保険料控除

適用限度額

28,000円

2.旧契約

一般生命

保険料控除

適用限度額

35,000円

個人年金

保険料控除

適用限度額

35,000円

 

3.新契約と旧契約の双方について適用の場合、

それぞれの控除の合計額(適用限度額はそれぞれ28,000円)


○新契約に係る控除額の計算 

支払保険料の金額 生命保険料控除額

12,000円以下

支払保険料の金額
12,000円超から32,000円以下 支払保険料の金額×1/2+6,000円
32,000円超から56,000円以下 支払保険料の金額×1/4+14,000円
56,000円超 28,000円


○旧契約に係る控除額の計算

支払保険料の金額 生命保険料控除額
15,000円以下 支払保険料の金額
15,000円超から40,000円以下 支払保険料の金額×1/2+7,500円
40,000円超から70,000円以下 支払保険料の金額×1/4+17,500円
70,000円超 35,000円

 問合先 税務課 市民税担当 内線2101から2108